一人前の理学療法士に必要とされる6つのコミュニケーションスキル

理学療法士はコミュニケーションスキルが大切だ!…このような言葉をどこかで聞いたことはないだろうか?

実際の臨床においては「理学療法士と患者=人と人」の関わりであり、コミュニケーションとは切っても切れない関係にある。また、コミュニケーションスキルの高い理学療法士は臨床が上手かったり、他職種連携が上手かったりと、現場で必要であることは明確である。

しかし、一体どのようなコミュニケーションスキルが求められているのだろうか?

そこでこの記事では、理学療法士に必要なコミュニケーションスキルを質的研究にて調査した論文を紹介する。

続きを読む

保護中: LINE@登録特典!

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。