2017年 10月 の投稿一覧

BRIDGEが座位・立位・歩行の理解を加速させるリハビリ向け画像を【無料配布中】今すぐ手に入れろ!

こんにちは、きた(@rehamame)です。

座位・立位・歩行(正常歩行・片麻痺歩行)についての説明を行う際に、言葉や文章だけではイメージさせることって難しいですよね?

勉強会の資料を作っていても『もう少しいい画像があればな~』と思う事が多々あります。

そこで今回紹介するのは、Bridgeの小松洋介先生が作成した、『療法士のための画像』です。

はっきりいって有料レベルなのに、無料で配布されている恐ろしい代物です。

急いで手に入れましょう!

続きを読む

医療者のコミュニケーションって基礎が大切!患者の立場になって改めて気付いた話。

はい、きた(@rehamame)です

私は日ごろから医療者のコミュニケーションを考えているので、何かと人のコミュニケーションをチェックしがち。

コミュニケーションチェックおじさんなのです。

ところで先日、猛烈な体調不良に襲われて近所のクリニックに駆け込みました。そしたら、とっても素敵なお医者さん・スタッフの方々で、最高でした。コミュニケーションチェックおじさんは感動したのです。

この記事では、患者の立場になって改めて気付いた「医療者のコミュニケーションって基礎が大切なんだ!」を紹介します。

続きを読む

セミナーレポート【2017年10月5日:3年目までに知っておきたい脳卒中患者の歩行評価と介入~脳と運動学習の観点から~】

PT-communicationsとしての2週ぶち抜き主催セミナーが終了しました。

2週目は【3年目までに知っておきたい脳卒中患者の歩行評価と介入~脳と運動学習の観点から~】というテーマで、脳卒中患者さんの歩行…今回は立脚期に関する講習でした。

では、PT-communicationsセミナーのレポートをお読みください(*’▽’)

続きを読む

【はやく!】報連相のスピード感は信頼関係構築に重要、絶対に身に付けよう!

最近「仕事の出来る人」と連絡を取り合うことが多いのですが、どの人も報連相がめっちゃ早い。

  • 「資料見ておきます!」→(30分後)→「いい感じですね!これでいきましょう!」みたいなスピード感。
  • 「〇〇という企画はどうだろうか」→(2秒)→「それおもしろそう!企画進めよう!」みたいなスピード感。

これまでの私は「うーん…(それはもう少し考えた方がよいな…一日寝かせてから返事するか…)また明日以降に連絡しますね!」というスピード感だったのですが、それではダメだ!と気付いたのです。

続きを読む

もう「ヤる」と「ヤラない」の狭間はやめよう!ハッキリと選択していけば、人生は大きく変わる。

どうも!きたです!

最近は療法士の世界だけでなく、療法士以外の世界でも何か出来ることがあるのでは!と考える人が多くなってきましたよね。私ももれなくそんな感じで、何かやってみたいな~と最近ずっと思っていました。

そんな矢先、高校の同級生で現役モデルな女の子から「何かやってみない?」という話をいただいたのです。私は迷うことなく「何かやろうぜ!」と即答。打ち合わせを連発した結果、現在は”ファッションショー”の開催に向けて、企画会議をしまくっています。(どう療法士らしさを出せるのかも模索中…!)

その詳細はここでは置いておいて…企画会議を繰り返す中で、私は自分の人生を責任もって「ヤる」を選択する大切さを痛感したのです。

続きを読む